さぁ、クレジットカードを申し込みしましょう。っと、その前に、要チェック!

クレジットカードを申し込むと、クレジットカードの会社では審査が行われます。この審査の基準となるのが「3C」です。

3Cとは、Capacity(資力)、Character(正確)、Capital(資産)の頭文字を取ったもの。Capacity(資力)は、一定の収入があるかどうかを審査します。これは、返済能力があるかどうかを判断するためのものです。やみくもにクレジットカードを発行しても、返済してもらわなければクレジットカードの会社も利益が上がりません。ですので、この返済能力があるかということは、最重要視されます。

Character(正確)は、お金に対する性格を見るもので、過去にクレジットカードの返済を延滞したり、滞ったりしたことがないかを調べて審査が行われます。つまり、決められた返済日にきちんと返済ができるのかを判断するもので、信頼性に関わる審査です。

Capital(資産)は、担保があるかということです。担保とは、家や土地などの不動産、車、貯蓄、有価証券などのことで、売ってお金に変えられるものです。万が一、返済が行われない場合のことを考えて審査されます。担保があると、クレジットカードの利用限度額が大きくなるなど優遇される場合が多いようです。



スコアリングとは、クレジットカードの審査基準となる「3C」を判断するために行われるもので、申込み者の情報を元に項目ごとに点数化することです。点数は予め設定がしてあり、ほとんどのクレジットカードの会社はコンピューターに入力して自動計算されています。

スコアリングの項目は年齢、勤続年数、居住形態、過去のクレジット利用歴、他社の借入額、件数、支払い状況などです。これらの項目ごとにランク分けがしてあり、ランクによって点数が決まる仕組みになっています。これがスコアリングという作業になります。

スコアリングで点数化された合計点数によって3Cが判断され、クレジットカードを発行するか、限度額はいくらにするかなどが決定されるわけです。このように各クレジットカードの会社でスコアリングが行われ、審査が行われます。

しかし、クレジットカードの会社によって審査の基準は異なり、審査が厳しいクレジットカードの会社と審査が甘いクレジットカードの会社に分かれています。特に銀行系のクレジットカードは審査基準が高いことで有名ですよね。逆に審査が甘いのは流通系のクレジットカードです。

スコアリングの方法は同じで同じ点数が算出されても、通りやすいクレジットカードがあるのと通りにくいカードがあるのは、このような理由があったわけです。



ブラックリストとは、個人信用情報機関に事故情報として登録されたことをそう呼び、実際にブラックリストというものは存在しません。

何故ブラックリストと呼ばれるかと言うと、借入などをしている人の通常の情報をホワイト情報、それに対し滞りなどの事故情報をブラック情報と呼ぶことから、ブラックリストという言葉が生まれたようです。

ブラックリストに載る人は、3ヶ月以上の延滞をした人、債務整理や破産宣告をした人など。ブラックリストに載ると、約7年間はクレジットカードを作ったり、借入をしたりすることができなくなります。ブラックリストに載ると、就職に不利になるとか、家族に影響が出るなど心配する人がいますが、お金が借りられないだけで、他に影響がでることはないようです。ただ、約7年間はお金を借りることができないので、子供の進学ローンなども借りることができず、困る人はいるようです。

ブラックリストは返済が全て終わってから7年が経過すると抹消されますが、ブラックリストに載っている間は、ヤミ金融から「お金を貸します」というはがきがやたら来るようです。お金欲しさにそのような悪徳金融からお金を借りないように注意してほしいですね。



クレジットカードが欲しい人は、クレジットカードの会社に申し込みをすることになります。

クレジットカードの申し込み方には幾つかありますが、主に入会申込書をクレジットカードの会社から送ってもらって、申し込みをする方法がとられます。入会申込書を送ってもらうには、クレジットカードの会社のホームページからオンライン申し込みをするか、フリーダイヤルで申し込みをすることもできます。

申込書が送られてきたら、必要事項に記入しましょう。大体のクレジットカードの会社では、オンライン申し込みをした時の個人情報(名前や住所)が、予め記入してあります。その場合は、名前や住所に間違いがないか確認をして著名、捺印をするだけでOKです。また、クレジットカードの申し込むには、本人確認ができるもの、免許証やパスポート、健康保険証などのコピーが必要になります。

クレジットカードの会社によっては収入を証明するものが必要な場合もあります。クレジットカードの会社のホームページや、申込書に添付されている説明書をよく読んで、不備がないように気を付けましょう。
必要書類が揃ったら、申込書と同封してクレジットカードの会社に郵送します。そして、クレジットカードの会社で審査が行われるわけです。審査に通れば、クレジットカードが登録した住所に送られてきます。



クレジットカードの申し込みで最近多くなっているのが、ネット申し込みです。ネット申し込みとは、文字通りインターネットで申し込むことができるということです。クレジットカードを申し込む場合は、一般的に入会申込書を郵送してもらって申し込みを行いますが、この場合クレジットカードが発行されるまで2週間くらいはかかってしまい、すぐに使いたい人には向きません。

それに対し、ネット申し込みは、必要事項を入力して送信すると、速いクレジットカードの会社では10秒で審査が行われ、最短30分でクレジットカードが発行されます。この場合は、クレジットカードが発行されてから入会申込書が送られてきます。ネット申込みでも、書類申込みでもクレジットカードカードが発行されるには違いがありませんが、クレジットカードの発行にかかる時間が違うわけです。

また、書類申込みの場合は、審査の結果がクレジットカードの会社から電話がかかってくるまでわかりませんが、ネット申込みの場合は、申込みをした直後にわかります。クレジットカードの審査に通るか心配な人は、ネット申込みで申し込んだ方が安心でしょう。

そして、クレジットカードの受け取り方にもネット申込みと書類申込みでは違いがあります。書類申込みは郵送で送られてきますが、ネット申込みの場合は、郵送をしてもらう事もできますが、早くクレジットカードを受け取りたい人は、指定のクレジットカードを受け取る場所に取りに行く必要があります。



クレジットカードを解約したい時は、まず、クレジットカードの会社に電話をしましょう。大体のクレジットカードの会社ではこれで済んでしまいます。

後はクレジットカードにはさみを入れるなどしてバラバラにしてしまえばOKです。中にはクレジットカードにはさみを入れたうえで、クレジットカードの会社に返送するように言われる場合もあります。

ステータスが高いゴールドカードなどの場合は、解約届けを出すクレジットカードの会社もあるそうです。クレジットカードの会社のホームページを見ても解約の方法は明記していないところがほとんどです。電話をして確認するしか手段はないと思います。

クレジットカードを解約するからといって、止められたり、嫌がられたりすることはありませんので、安心してください。もちろん、借入残高が残っていたら解約はできません。残高がないクレジットカード、全く使っていないクレジットカードなら簡単に解約できます。

年会費が無料ではないクレジットカードは特にもったいないですよね。いらないクレジットカードは持っていても危険ですので、すぐに解約した方が良いでしょう。請求書に記載されている電話番号でも解約できますので、電話をかけて確認してください。



クレジットカードの申込方法は意外と簡単です。特に最近はインターネット上でクレジットカードの申込みが出来るようになったので、クレジットカード発行の申込みから手元に届くまでの時間が短縮されました。海外旅行などで、急に必要となった場合も、即日で発行してくれるクレジットカードもありますので、非常に助かります。

クレジットカードを申込む場合は、通常欲しいクレジットカードの会社のサイトへ訪問して、クレジットカードの申込みページへ行き、必要情報を記入します。

各記入項目はしっかりと誤りの無いように記入しましょう。誤りがあるとクレジットカードの発行までに余計な時間がかかってしまう元となります。

クレジットカードの申込みサイトには、記入方法などが出ていますので、記入方法と見比べながら内容を記入すると間違いが無いと思います。

一般的なクレジットカードの申込みから、クレジットカードが使用できるまでの流れを簡単に説明しますと次のようになります。

1.クレジットカードの申込みがオンラインで完了

2.データを元にカード会社で審査、審査が完了(場合によっては電話確認も有ります。)

3.クレジットカードと入会申込書が送られてきます

4.入会申込書に記入、捺印、本人確認書(免許証等)を返送します

5.カード会社で確認完了

6.クレジットカードが使用できるようになります

クレジットカード会社によっては、3の時点では入会申込書と本人確認の送付依頼のみで、入会申込書と本人確認を送ってからクレジットカードを発送する会社もあります。

申込みを行なうクレジットカード会社のサイトに、クレジットカード発行・利用可能となるまでの流れが書かれておりますので、確認しておくと良いでしょう。



copyright © 2006 クレジットカード知ってお得なクレジットカードガイド All Rights Reseved