知っておきたいクレジットカード審査の
難易度と信頼性&ステータス

銀行系のクレジットカードにはモビット(三菱東京UFJ)、JCB(三菱東京UFJ)、UC(三菱東京UFJ)、ディック(シティバンク)、アットローン(三井住友)などがあります。これら銀行系のクレジットカードは、社会的に信用度が高く、ある意味ステータスがあります。

社会人なら1枚は持っていたいクレジットカードです。しかし、銀行系のクレジットカードは審査の難易度がクレジットカードの中で最も高く、誰でも持てるわけではありません。特に社会人になりたての新入社員など勤続年数が短い人は、銀行系のクレジットカードの審査には通らないと思っていた方が良いでしょう。

銀行系のクレジットカードに挑戦するなら、勤続年数が4~5年を過ぎてから挑戦してみましょう。また、銀行系のクレジットカードの会社は、在籍確認の時に個人名を使わず、会社名で電話をかけてくることは有名ですね。それだけステータスがあるということです。

銀行系のクレジットカードには、高所得者用のクレジットカードであるゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードなどがあることも有名。名前は知っていても、見た事もないクレジットカードもあるのではないでしょうか?たくさんの社会人が憧れる究極のクレジットカードですね。



信販系のクレジットカードには、オリックス、楽天クレジット、オリコ、ライフなどがあります。よくCMなどで見かけるものばかりですね。信販系のクレジットカードは、銀行系のクレジットカードほど審査が厳しくありませんが、銀行系のクレジットカードに次いで審査が厳しいと言われています。

つまり、信販系のクレジットカードも信用度が高いクレジットカードと言えますね。ですから、信販系のクレジット会社も勤続年数が短い人にはちょっと審査の難易度が高いです。

信販系のクレジットカードを持つなら、勤続年数2年目以降がおすすめです。是非、挑戦してみましょう。また、信販系のクレジットカードにはオートローンやショッピングローンなどがあることで知られています。

これらのローンはたくさんの人が利用しています。いずれはこれらのローンにお世話になる人も多いことでしょう。まずは、このようなオートローンやショッピングローンを申し込んで実績を作っておくと、クレジットカーを申し込む際に有利になるのではないかと思います。ただし、返済の延滞や滞りが発生すると、クレジットカードの審査に通りませんので、無理のない計画をたてて、十分に注意しましょう。



信販系のクレジットカードには、オリックス、楽天クレジット、オリコ、ライフなどがあります。よくCMなどで見かけるものばかりですね。信販系のクレジットカードは、銀行系のクレジットカードほど審査が厳しくありませんが、銀行系のクレジットカードに次いで審査が厳しいと言われています。

つまり、信販系のクレジットカードも信用度が高いクレジットカードと言えますね。ですから、信販系のクレジット会社も勤続年数が短い人にはちょっと審査の難易度が高いです。

信販系のクレジットカードを持つなら、勤続年数2年目以降がおすすめです。是非、挑戦してみましょう。また、信販系のクレジットカードにはオートローンやショッピングローンなどがあることで知られています。

これらのローンはたくさんの人が利用しています。いずれはこれらのローンにお世話になる人も多いことでしょう。まずは、このようなオートローンやショッピングローンを申し込んで実績を作っておくと、クレジットカーを申し込む際に有利になるのではないかと思います。ただし、返済の延滞や滞りが発生すると、クレジットカードの審査に通りませんので、無理のない計画をたてて、十分に注意しましょう。



流通系のクレジットカードは、クレディセゾン、イオン、などがあります。流通系のクレジットカードは、カードが発行されるようになって、まだ日が浅いため、広くクレジットカードを広め、業務成績を伸ばすために、今までクレジットカードの審査が通りにくかった、アルバイト、フリーター、主婦、学生にも積極的にクレジットカードを発行しています。

その成果があって、今では信販系を抜く発行枚数です。流通系のクレジットカードには、ポイントが貯まると商品券と交換できたり、値引きされたりする特典や優待セールの招待など、他にもお得な特典が色々付いており、主婦層を中心にとても人気を集めています。

賢い主婦なら1枚は持っていたいクレジットカードなのです。また、流通系のクレジットカードには通販の会社のものもあり、クレジットカードで支払いをすると値引きされたり、送料が無料になったりなどのサービスが受けられます。

クレジットカードがあると、通販がより便利になることから、通販ファンには逃すことができないクレジットカードになっています。流通系のクレジットカードは、今や消費者の生活になくてはならないものになっているようですね。クレジットカードに初めて挑戦する人は、まず、流通系のクレジットカードから挑戦してみましょう。



消費者金融系のクレジットカードには、武富士、アコム、プロミス、アイフル、ノーローンなどがあります。これらのCMや看板を良く目にしますよね。消費者金融系のクレジットカードは、審査の難易度が他のクレジットカードの中で最も低く、審査に最も通りやすいクレジットカードです。

消費者金融系のクレジットカードは、主にキャッシング専用のクレジットカードが多く、ショッピングができるクレジットカードはあまりありません。この消費者金融系のクレジットカードは、近年幅広く利用されるようになり、たくさんの人に持たれるようになったクレジットカードですが、無人店舗などを各地に置き、いつでも、誰でもクレジットカードを申し込めるようにしたり、ネット申込みができるようにしたりと、消費者のニーズに応えた結果、現在のように支持されるクレジットカードに成長したのではないかと思われます。

消費者金融系のクレジットカードは、審査に通りやすい分、金利が高め。使いすぎると、金利をたくさん支払うことになります。また、審査に通りやすい消費者金融系のクレジットカードにあれこれ手を出すと、月々の返済額が大きくなり、多重債務で苦しむことになりかねません。十分に気をつけましょう。



copyright © 2006 クレジットカード知ってお得なクレジットカードガイド All Rights Reseved