豊富に揃ったクレジットカード
各クレジットカードに特徴が有ります

プロパーカードとは、クレジットカードの会社がどことも提携しないで、自社のオリジナルとして発行しているクレジットカードのことです。

クレジットカードの会社は、このプロパーカードと提携カードの2種類のクレジットカードを発行していますが、元々は、このプロパーカードからスタートしたのです。

プロパーカードは、主に銀行系のクレジットカードのものが有名です。たくさんの社会人が1枚は持ちたいと思う、高所得者用のクレジットカードであるゴールドカードや、プラチナカード、ブラックカードなどがプロパーカードです。

プロパーカードとして発行されているクレジットカードは、ステータスが高く、信用度が高いと言えます。しかし、プロパーカードは、提携カードのように、色々な特典やサービスが付加されていないため、硬いイメージのあるクレジットカードです。

ですから特典やサーボスを受けたい人には不向きな場合が多いようです。それでも、社会的ステータスがあるため、持ちたがる人が多いのがプロパーカードの特徴となっています。

特に男性に人気があるようです。各クレジットカードのプロパーカードには色々なものがありますので、クレジットカードの会社のホームページなどでご覧ください。



クレジットカードと言えば、この一般カードのことを指す場合が多く、基本的なグレードのクレジットカードです。良くクラシックカードとも呼ばれていますね。

年会費も安く、最近は無料のクレジットカードも珍しくありません。一般カードの利用限度額は、最初は低めですが、使っているうちに段々上がってくるのが普通です。

最終的に50~100万円の限度額になるクレジットカードが多いようです。一般クレジットカードには、色々な特典が付いている場合が多く、ショッピングのセール優待券がもらえたり、クレジットカードで支払いをすると値引きされたり、ポイントが貯まると商品券と交換できるなど、クレジットカードの会社によって様々な特典が用意されています。

また、最近は高速道路の新しい料金システムであるETCに対応しているクレジットカードも人気を呼んでいるようです。一般カードのクレジットカードは支払い方法は、分割払い、リボルビング払いから選べるものがほとんどで、オンライン会員に登録すると、ネット上で支払い額の変更、残高確認などもできるところが多くなってきています。

キャッシング機能ももちろんついており、1枚あると何かと便利なクレジットカードです。



提携カードとは、クレジットカードの会社が色々な企業や店舗と提携をして発行しているクレジットカードです。

この提携カードは店舗の場合、店舗のポイントカード、会員カードなどとクレジットカードが一体化したものになります。また商品の支払いをクレジットカードで決済すると、自動的に値引きされるなどのサービスが付いています。

更に、最近は銀行や郵便局のキャッシュカードと提携しているクレジットカードも多く出回っていますね。貯金をする時も貯金を下ろす時も買い物をする時も、クレジットカード1枚あれば済んでしまうので、とても便利です。

提携カードは、今色々な店舗が発行していますが、航空会社でも提携カードを発行していますね。このクレジットカードがあれば、航空券の購入、搭乗手続きが即座に行うことができ、搭乗手続きのためにカウンターに並ぶという面倒なことも省略できます。

またマイレージもクレジットカードに自動的に計算されるので、わざわざマイレージ用のカードを持ち歩くことも必要ありません。またクレジットカードなのでショッピングもキャッシングもでき、旅行に行く時におすすめのクレジットカードです。提携カードはこのように、提携することで、更に便利な機能を兼ね備えたクレジットカードです。



クレジットカードの中には、保険機能を強化したものがあります、海外旅行障害保険が付帯したもの、国内旅行障害保険が付帯したものなど。

特に海外旅行障害保険が付帯しているクレジットカードは、海外旅行に行く度に保険をかける必要がなく、とても便利です。

海外旅行に行く時は大体の人が海外旅行保険に入りますよね。保険に入らないで旅行に行くには危険すぎます。この海外旅行障害保険が付帯しているクレジットカードは、一般の海外旅行障害保険と同じように障害による死亡・後遺障害、障害・疾病治療、救援者費用、賠償責任、携行品損害などが保障されています。

クレジットカードに付帯している障害保険の賠償額は少々少なめですが、海外旅行障害保険が付帯しているクレジットカードを複数枚持つことでカバーできます。ただ、死亡・後遺障害の場合は、一番高い賠償額をそれぞれの保険会社で合同で支払われますので、その保障額だけでは心配という人は、クレジットカードに付帯している保険の賠償額に不足している分だけ上乗せできる海外旅行障害保険がありますので、そのような保険に別途加入しましょう。

その他の賠償額は1億円まで加算されて支払われますので、十分でしょう。



学生カードは、高校生を除く18歳以上の学生が持つことができるクレジットカードです。

年会費はほとんどのクレジットカードで無料、一般のクレジットカードと同じ機能、サービスが付帯しています。また、保険のサービスが充実しているクレジットカードもあり、一人暮らしをする学生や留学をする学生などにおすすめのクレジットカードです。

学生カードは、申し込み時に学生証のコピーを添付します。また未成年の場合は、親権者の同意も必要です。最近は大学生協の組合員証であるTuoかーどやCOPAカード、学生証が一体化してるクレジットカードもあります。

またクレジットカードにICカードを搭載し、大学への入退室を管理する他、売店や食堂で使える電子マネー機能を搭載している所もあります。学生用のクレジットカードは、色々なクレジット会社から発行されていますが、どれもカードに趣向を凝らしているのも、学生カードの特徴と言えるでしょう。

学生カードであるクレジットカードは、社会人になってもそのまま持つことができるものがほとんどです。社会人になると審査が厳しくなりますので、学生の内にクレジットカードを申し込むのも良いアイディアではないでしょうか。



法人カードは法人を対象に発行されるクレジットカードです。

法人カードは部署単位で限度額を設定できたり、発行枚数も部署数に合わせて増減できるようになっています。法人用のクレジットカードは主に経費の支払いや接待時の支払い、出張費用の時などに使われているようですが、法人用のクレジットカードを利用して全てを支払いをすると、会社ではいちいち現金の用意をしなくて済み、支払いを1本化することも可能。振込み手数料が削減できます。

クレジットカードをどこで何に使ったか、請求書で確認できるので経理の負担も軽くすることができます。急な出張や接待があっても、クレジットカードがあれば、社員は立替をする必要もなく、仮払いで会社がお金を準備する必要もありません。請求者で明細がわかるので、細かい経費明細書を作成する必要がなくなります。

また、法人カードは、ゴールドカード並みのサービスが受けられるため、旅行障害保険が無料。主張の時などに便利に使うことができ、経費も削減することができます。ただ、公私混同で使用される恐れがあるので、徹底した管理が必要です。

法人カードは社員の個人名でもカードが作れるので、会社によっては公私混同を避けるために社員にクレジットカードを持たせるところもあるようです。その場合のカード代金は社員の口座から引き落とされます。



ビジネスカードには、個人事業者向けのクレジットカード、福利厚生カードがあります。個人事業者向けのビジネスカードは、法人カードを個人事業者向けにしたクレジットカードです。

ビジネスカードは、個人カードと同じように、一般カードとゴールドカードがあります。個人事業者向けのビジネスカードを一般カードにすると、普通の一般カードと同様、年会費が無料になる場合がほとんどです。

個人事業にクレジットカードを導入することで、支払いを1本化でき、経理事務を効率よくすることができる上に、クレジットカードでお金を借りてビジネスローンのように使うこともできます。

ビジネスカードの福利厚生カードは福利厚生のために、社員や職域生協の組合員などに発行されるクレジットカードです。ゴールドカードと同等のサービスが受けられるため人気のクレジットカードです。

会社によっては、カードの利用料金を社員の給料から天引きするようになっているところもあります。もし、社員がその会社を辞めた場合は、クレジットカードを返却することになっています。

福利厚生のクレジットカードとして有名なのはJCBが発行しているKKRメンバーズカード(国家公務員共済組合連合会)があります。



ヤングゴールドカードは、20代の人が持つことができるゴールドカードのクレジットカードです。

普通のゴールドカードは、30歳以上で、勤続年数が10年以上というのが条件ですが、ヤングゴールドカードは、25歳以上で、300万円以上の収入、役職者であることなどの条件が引かれています。

年会費はゴールドカードと比べると断然安く、サービス面はゴールドカードに準ずるので、お得なクレジットカードと言えるでしょう。

その分、限度額はゴールドカードより低く設定がしてあります。ヤングゴールドカードは、銀行系のクレジットカードの会社を中心に多数発行されていますが、ゴールドカードだけに審査は厳しいですが、クレジットカードの会社は良質の顧客を早めに取得するためにヤングゴールドカードを発行しており、ヤングゴールドカードが持てれば、30代になって、そのまま自動的にゴールドカードを持てるのがほとんどです。

ゴールドカードはステータスが高く、憧れる人も多いと思いますが、20代である程度の収入がある方は是非挑戦してみましょう。また、30代になってから持っていたいゴールドカードがあるなら、同じクレジット会社のヤングゴールドカードを利用すると良いでしょう。



ゴールドカードは、一般カードよりも上質なサービスが受けられることで有名な金色をしたクレジットカードです。

ゴールドカードは年会費が普通のクレジットカードよりもかなり高めですが、その分利用限度額が高く、多彩なサービスが受けられます。

ゴールドカードを申し込むことができる条件は、30歳以上で収入が500万円以上、勤続年数10年以上など、一般カードのクレジットカードよりも厳しい審査が行われます。ゴールドカードを持っていると、空港でも有料ラウンジが無料で利用できたり、ホテルや娯楽施設の予約クレジットカードの会社が代行で行ったり、ポイントが付くゴールドカードなら、一般カードの2倍のポイントが付くなどの付加サービスがあります。

ゴールドカードはステータスが高いことで有名ですが、ゴールドカードを持っているだけで、信用が高いこと、高所得者であることなどの証明になり、最近はキャリアがある女性などにも人気が高いクレジットカードです。
しかし、20代から持つことができるヤングゴールドカードが発行されたり、ゴールドカードよりもステータスが高いプラチナカードやブラックカードが発行されたりして、ゴールドカードの価値が下がったという意見もあります。



プラチナカードは、ゴールドカードよりもワンランク上のクレジットカードで、ゴールドカードよりも更に高いサービスや特典が受けることができる銀色のクレジットカードです。

プラチナカードは一般的に、自分が持ちたいと思って申し込むクレジットカードではなく、クレジットカードの会社からの招待がなければ持つことはできません。

しかし、最近は自分で申し込むプラチナカードも登場しており、30代以上で色々な条件に当てはまれば、誰でも申し込むことができます。プラチナカードはゴールドカードよりも更に高いステータスがあり、持っているだけでも高い社会的地位を証明していることになります。いつかは持ちたいと思っていた男性は申し込めるプラチナカードに是非挑戦してみましょう。

また、プラチナカードは450カ国の空港ラウンジが無料で使えたり、365日いつでもホテルや観劇施設、娯楽施設の予約代行、通訳の紹介などのサービスを受けることができます。

また、マイレージなどのポイントも一般カードの2~3倍の付き方をするので、どんどん貯まります。プラチナカードは年会費はかなり高めですが、これだけサービスが充実していれば、返ってお得なのかもしれませんね。



ブラックカードは最上級のステータスがあるクレジットカードです。

ブラックカードは、自分で持ちたいと思って持てるクレジットカードではなく、クレジットカードの会社からのインビテーションがあって持てるクレジットカードです。

ブラックカードは、世界中の半端じゃない高所得者が持てるクレジットカードとして有名です。ブラックカードという名前の由来は、カードの色がブラックであるからですが、最近はプラスティック製からチタン製に変わったようです。

そしてブラックカードの年会費は10万円以上。限度額もかなり高いようです。中には限度額が決まっていないブラックカードもあるという噂です。

ブラックカードで受けることができるサービスは、国際線の小型ジェット機のチャーター、ファーストクラスの航空券の予約、ホテルのVIPルームの予約など、他のクレジットカードにはない、アップグレードされた多様なサービスが受けられます。

ポイントの付き方も半端ではないので、5億円分のポイントを貯め、高級車を購入した人もいるという話もあります。日本でも神田うの、細木数子、みのもんた、などの芸能人を始め、プロ野球の選手や国会議員などがブラックカードを所有しているようです。



copyright © 2006 クレジットカード知ってお得なクレジットカードガイド All Rights Reseved