クレジットカードを安全に使う為に
守って頂きたい使用上の注意です

クレジットカードを他人に貸すことは絶対にやめましょう。友達や親しい人に借金を申し込まれて、断りきれずにクレジットカードを貸してしまう人がいますが、もし、その人が借りたお金を返してくれなかったら、あなたはどうしますか?

クレジットカードの会社からは、もちろんあなたが使ったものだと見なして、あなたに請求書を送ってきます。あなたの名義のクレジットカードですから当たり前のことですね。他人に貸したお金だからと言って、返済をしないでいると、あなたに催促の電話がかかってきます。

更に放っておくと返済が滞ったと見なされ、事故報告されてしまい、ブラックリストにも載りかねません。そうなると困りますよね。あなたは仕方なく、代わりに返済していくはめになるでしょう。なんて、腹立たしいことでしょう!

実は、このような話は良くあることなのです。クレジットカードの会社に、自分が借りたお金ではない。といくら言っても、それは通じない話なのです。クレジットカードを他人に貸して、このようなトラブルになった人はたくさんいます。でも、責任はクレジットカード貸したあなたにあるのです。このようなことにならにように、クレジットカードは、いくら親しい人でも絶対に貸さないようにしましょう。



クレジットカードは、クレジットカードの会社からあなたに貸しているものです。つまり、クレジットカードの所有権はクレジットカードの会社にあります。

ですから、クレジットカードをあなた以外の人が使うことは禁じられています。たとえ、家族であっても配偶者であっても、あなたのクレジットカードを使うことは許されていません。

家族や配偶者がクレジットカードを使うようなら、家族カードを作るなどの方法をとりましょう。家族や他人があなたのクレジットカードを使って、何らかのトラブルになったら、それはあなたの責任になります。家族が勝手に使ったとしても、あなたが一切の責任を負う義務があるのです。

またクレジットカードの所有権はクレジットカードにありますから、クレジットカードの紛失、盗難にも十分に注意するようにしましょう。他人の物を失くしたり、盗られたりしたら、あなたの責任ですよね。失くした上に悪用される恐れもあります。

クレジットカードの番号と有効期限、それにカードの持ち主の名前がわかれば、インターネットなどで簡単に使えるので、大変危険です。そのようなトラブルも多発しているのです。クレジットカードはくれぐれもきちんと保管するようにしてください。



クレジットカードの裏面に自分の名前を書くようになっていますがご存知でしょうか?

クレジットカードの裏面のサインはとても重要なのです。サインをするようになっているのは知っていても、今まで書かなかった人も多いのでは?サインは、クレジットカードの所有者を確定するためにあります。

最近は、クレジットカードを本人以外の人が使用することを避けるために、クレジットカードのサインが義務付けされています。もし、サインが書いてなかったら、盗難、紛失、不正使用などのトラブルが起きた時に、損害金が支払われない場合があります。

新しいクレジットカードが着いたら、真っ先にサインをするように心がけましょう。クレジットカードにサインがきちんとしてあると、盗難や紛失した時にクレジットカードが不正使用されるのを防ぐこともできます。

クレジットカードに本人のサインがあると、他人が使った場合すぐに分かるからです。クレジットカード先進国であるアメリカでは、このサインを特に重要視していて、サインの字体をきちんとチェックすることが義務付けられています。日本でのサインのチェックは、まだまだ甘いようですが、いずれはアメリカのように厳しくなっていくことでしょう。



商品を購入をする時にクレジットカードで支払いをすると、売上げ票にサインが求められたり、端末機に暗証番号を入力するように求められます。

これは、確かにクレジットカードの持ち主本人が購入しました。という本人認証のために行われるもので、その売上げ票に書かれた金額を確かに使ったという証明にもなります。ですから、売上げ票の金額はきちんと確認をしましょう。お店の人も人間ですので、間違いがないとは言い切れません。後からトラブルにならないように、サインをする前に金額に目を通すようにしましょう。

万が一、金額に間違いがあったら、お店の人に言って書き直してもらいましょう。後で金額が違うことに気が付いた場合もお店にすぐ連絡をしましょう。クレジットカードの会社に請求書を出す前なら間に合うかもしれません。

間に合わない場合は、先の金額と正しい金額の差額分をお店が支払うことになると思います。面倒なことを避けるためにも、サインをする前に売上げ票の金額をチェックするということを忘れないようにしましょう。



クレジットカードを利用して商品を購入すると、売上げ票の控えをもらいますよね。この売上げ票の控えは、大事なものですから、必ず保管しておきましょう。

売上げ票がなかったら、何にクレジットカードを使ったのか分からなくなってしまいます。時々、売上げ票を取り出して、チェックをすれば、クレジットカードの使いすぎを防ぐこともできますね。

そして、毎月送られてくる請求書と照らし合わせてみることも忘れないようにしましょう。もしかしたら、自分が使っていない分の請求が混じっているかもしれません。しかし、売上げ票が確実に保管されていないと、自分で照合のしようがありませんね。

特にクレジットカードを使う頻度が高い人は自分がクレジットカードで何を買ったのか忘れがちになってしまいます。売上げ票の控えをきちんと保管するようにしましょう。また、売上げ票の控えやキャッシングの控えを放置しないようにしましょう。

売上げ票の控えやキャッシングの控えを他人に拾われて、クレジットカードの不正使用に使われた例もあります。危険ですので、そのような控えは間違いなく自宅に持ち帰るように気をつけましょう。決して無用心にゴミ箱に捨てないようにしてください。



クレジットカードの暗証番号は、とても大事なものです。他人には絶対に知られないように注意しましょう。

クレジットカードの会社や銀行の従業員、警察などを装い電話をかけてきて、クレジットカードの暗証番号を聞きだし、クレジットカードを不正使用する犯罪が多発しています。クレジットカードの会社や銀行、警察などがあなたのクレジットカードの暗証番号を訪ねることは絶対にありません。そのような電話などがあっても、決して教えないようにしましょう。

また、クレジットカードの暗証番号を自分の生年月日にしたり、自宅や携帯電話の電話番号にすることも避けるようにしましょう。生年月日や電話番号は他人に知れやすいので、クレジットカードの暗証番号も簡単に知られてしまうことになりかねません。クレジットカードの暗証番号はわかりにくい番号にして、担任が推測できない数字にしましょう。

また、クレジットカードの暗証番号を忘れないようにメモに書いて、クレジットカードと一緒にしまっておくことも危険ですのでしないようにしましょう。暗証番号が他人に知れて、クレジットカードが不正使用されても損害金は原則として支払われませんので十分に注意しましょう。



最近、インターネットやチラシなどで良く見かける、海外のロトなどの宝くじ、馬券の案内。海外のロトなどの宝くじは、当たると莫大な当選金が手に入るため、魅力を感じる人が多いことでしょう。このような宝くじやギャンブルの費用をクレジットカードで簡単に購入できるところがあります。

しかし、日本では、日本で正式に認可を得ていない団体等が宝くじやギャンブルの取引をすることは法律で禁じられています。その団体が海外で認可されていても、日本で認可されていなければ、同様に宝くじやギャンブルの取引はできないことになっています。

また、日本で認可されていない宝くじや馬券などをクレジットカードなどで購入したり、申し込んだり人も罰せられます。しかも、認可を得ていないということは、その宝くじや馬券は偽物の可能性もあります。

クレジットカードを利用して申し込んだ場合は、それが、たとえ偽物であっても、請求書が来ます。あなたはその代金を支払わなければいけません。大損と言えるでしょう。その金額が大きければ、あなたは一体、どうしますか?こんなことにならないように、外国の宝くじやギャンブルを申し込むなら、日本で認可されている団体かを確認してから取引をするようにしましょう。



海外旅行に行く時にクレジットカードは必需品ですね。多額の現金を持ち歩く必要もありません。しかし、海外では何が起こるかわかりません。クレジットカードを利用する際にも注意することがあります。

海外と言っても、色々な国があります。中には治安が悪い国もあり、クレジットカードが盗まれたり、悪用されたりする可能性もあります。ですから、海外でクレジットカードを利用する場合は、クレジットカードの取り扱いに十分に気をつける必要があります。

まず、クレジットカードはきちんと保管すること。お店などで処理をしてもらう時もクレジットカードから目を離さないようにしましょう。ちょっとした隙にクレジットカードを盗まれる人が多いのです。クレジットカードは肌身離さず保管しておきましょう。

万が一、クレジットカードを盗まれたり、落としてしまった場合は、すぐにクレジットカードの会社に連絡しましょう。このような事態を考えて、海外旅行障害保険が付加されているクレジットカードを選んでおいた方が無難でしょう。

また、海外旅行に出発する前に、利用限度額はいくらあるか確認しておくことも大事です。万が一に備えて、カード番号、有効期限、クレジットカードの会社の電話番号などを控えておきましょう。



スキミングは、近年問題になっているカード犯罪の手口のひとつです。スキミングは、スキマーと呼ばれる特殊装置でクレジットカードなどの番号、有効期限など重要な情報を読み取り、それを全く別の新しいカードに書き込み、元のクレジットカードと全く同じカードを作りだします。

その偽造したクレジットカードを使ってキャッシングやショッピングに利用し、限度額に達するまで使われてしまいます。クレジットカードの持ち主は、クレジットカードが盗まれたわけではなく、情報が盗まれただけなので、自分のクレジットカードが偽造されて使われているのにも気づかず、多額の請求書が来て初めて気づくというケースが多く、犯罪の発見が遅れることが、スキミングによる犯罪を多発させているという見方もあります。

最近は、スキミング防止対策としてICクレジットカードが使われたり、暗証番号に生年月日や電話番号を使用せず、いつでも変更できるようにするなどの対策が取られています。スキマーはどこに仕掛けられているかわかりません。なるべくICクレジットカードを使用するようにし、人の出入りがあまりないようなお店ではクレジットカードを使用しないようにしましょう。そして、暗証番号はこまめに変更するようにしましょう。



フィッシング詐欺とは、実在するクレジット会社や銀行または企業や組織の名前を語ってメールを送り、ユーザーを本物そっくりに作った偽もサイトに誘導し、クレジットカードの番号、有効期限などの個人情報を入力させて盗んでしまうオンライン詐欺です。

アメリカでは、このフィッシングメールが多発していて、大きな問題になっていますが、最近は日本でもヤフージャパンを名乗るフィッシング詐欺が多く発生しています。他にもクレジットカード会社を名乗るフィッシング詐欺や、銀行名を語るフィッシング詐欺などが多数確認されており、被害者にあった人も少なくありません。

このフィッシング詐欺は、本物そっくりのロゴマークやサイトを作成しているのが特徴で、中には本物のURLが記載されていて、クリックすると別のURLにリンクするように作成してあるものもあり、本物か偽物か区別がしにくいため、ユーザーも騙されて個人情報を入力してしまいます。

フィッシング詐欺に合わないようにするには、個人情報を聞き出そうとするメールが届いたら、必ず本物のクレジットカード会社や銀行などに電話をして確認すること。クレジットカード会社や銀行ではメールで個人情報について問い合わせることはしないので、メールにURLが記載されていてもクリックするのは止めましょう。また、うっかり入力してしまったら、すぐに本物のクレジットカード会社や銀行に連絡し、クレジットカードの場合は、解約するなどの処置をとりましょう。



「ショッピング枠を現金化します」というチラシや宣伝を見かけることがありますが、これは、クレジットカードのショッピング枠で商品券や品物も購入して、それを現金に変えることをいいます。

ショッピング枠を現金化しているのは、多くは消費者金融で、利用者にクレジットカードで買い物をさせ、それを業者に送らせて、後日お金を返金するという形が取られることが多いようです。しかし100%の商品代が返ってくるわけではなく、90%であったり、85%であったり、それ以下場合もあります。中には半分しか返金してこない業者もあるとか。

クレジットカードで品物を購入したわけですから、返済も始まります。一時的に現金を手にしても、結局は高金利でお金を借りただけ。ショッピング枠を現金化しませんか?と声がかかるのは、多重債務者が多いようですが、お金が必要な人に攻め寄って、お金を借りさせる、悪徳業者と何ら変わりはありません。十分に注意しましょう。

また、クレジットカードの会社では、会員規約でショッピング枠を現金化することを禁止しています。万が一、ショッピング枠を現金化したことがクレジットカード会社に知れたら、一方的に解約されても仕方がないことなのです。



copyright © 2006 クレジットカード知ってお得なクレジットカードガイド All Rights Reseved