クレジットカード知っ得ガイド・HOME > クレジットカードとは >クレジットカードの歴史

クレジットカードの歴史

近年、消費生活に欠かせない物となったクレジットカード。クレジットカードは一体いつ、どこで始まったのでしょうか?

クレジットカードが世界で始めて作ったのは、アメリカの「ダイナース」。1950年のことです。クレジットカードを創案したのは、アルフレッド ・ブレーミングデール、フランク・X・ナクナマラ、ラルフ・スナイダーらで、彼らは世界各国に「ダイナース」のカードを広めました。それがきっかけとなって、世界中でクレジットカードが利用されるようになったのです。

日本にクレジットカードが上陸したのは、それから10年後の1960年のことです。当時の富士銀行と日本交通公社が合弁で「日本ダイナースクラブ」を設立しました。また、同年に丸井が、日本で始めてクレジットカードを作り、翌年の1961年には、今のJCBにあたる日本クレジットビューローを三和銀行と日本信販が設立しました。

その後、大手銀行や信販会社を中心に色々なクレジットカードが作られ、国際的なクレジットで有名なVISAやMasterなどと提携して、たくさんの国際カードも次々に発行されました。

クレジットカードは、日本ではあまり馴染みのない物でしたが、近年のインターネットの普及や海外旅行をする人たちが増加したことにより、クレジットカードを持つことは、ごく一般的になりました。


copyright © 2006 クレジットカード知ってお得なクレジットカードガイド All Rights Reseved