クレジットカード知っ得ガイド・HOME > クレジットカードのデメリット >カード犯罪が多いけど・・・

カード犯罪が多いけど・・・

インターネットや通販で商品を購入するとき、クレジットカードの番号、有効期限、カードの名義人の名前があれば、簡単に決済ができますね。

しかし、この場合、本人確認をするわけではないので、だれでも使えてしまうというネックがあります。最近は、自分は購入した覚えがないのに、多額の請求書が来てしまったという被害者がとても多くなっています。これは、スキミングなどの犯罪でクレジットカードの暗証番号が調べられてしまったり、どこかで情報が漏れて、クレジットカードなどの個人情報が漏れてしまったりしたことが原因です。このようなカード犯罪は近年とても増加しています。いつどこで自分のクレジットカードが悪用されるかわかりませんね。

クレジットカードの情報をインターネットなどで使う場合は、本当に大丈夫なのか細心の注意が必要です。万が一、自分のクレジットカードが悪用されてしまったら、すぐにクレジット会社に連絡して対処しましょう。また、クレジットカードを失くしたり、落としてしまった時もすぐに連絡しましょう。ショッピングには暗証番号が必要ありませんので、悪い人に拾われてしまうと悪用されてしまいます。十分に気をつけるようにしましょう。


copyright © 2006 クレジットカード知ってお得なクレジットカードガイド All Rights Reseved