クレジットカード知っ得ガイド・HOME > クレジットカードの申込み・審査 >審査基準「3C」について

審査基準「3C」について

クレジットカードを申し込むと、クレジットカードの会社では審査が行われます。この審査の基準となるのが「3C」です。

3Cとは、Capacity(資力)、Character(正確)、Capital(資産)の頭文字を取ったもの。Capacity(資力)は、一定の収入があるかどうかを審査します。これは、返済能力があるかどうかを判断するためのものです。やみくもにクレジットカードを発行しても、返済してもらわなければクレジットカードの会社も利益が上がりません。ですので、この返済能力があるかということは、最重要視されます。

Character(正確)は、お金に対する性格を見るもので、過去にクレジットカードの返済を延滞したり、滞ったりしたことがないかを調べて審査が行われます。つまり、決められた返済日にきちんと返済ができるのかを判断するもので、信頼性に関わる審査です。

Capital(資産)は、担保があるかということです。担保とは、家や土地などの不動産、車、貯蓄、有価証券などのことで、売ってお金に変えられるものです。万が一、返済が行われない場合のことを考えて審査されます。担保があると、クレジットカードの利用限度額が大きくなるなど優遇される場合が多いようです。


copyright © 2006 クレジットカード知ってお得なクレジットカードガイド All Rights Reseved