クレジットカード知っ得ガイド・HOME > クレジットカード使用上の注意 >他人に貸すのはトラブルの元です

他人に貸すのはトラブルの元です

クレジットカードを他人に貸すことは絶対にやめましょう。友達や親しい人に借金を申し込まれて、断りきれずにクレジットカードを貸してしまう人がいますが、もし、その人が借りたお金を返してくれなかったら、あなたはどうしますか?

クレジットカードの会社からは、もちろんあなたが使ったものだと見なして、あなたに請求書を送ってきます。あなたの名義のクレジットカードですから当たり前のことですね。他人に貸したお金だからと言って、返済をしないでいると、あなたに催促の電話がかかってきます。

更に放っておくと返済が滞ったと見なされ、事故報告されてしまい、ブラックリストにも載りかねません。そうなると困りますよね。あなたは仕方なく、代わりに返済していくはめになるでしょう。なんて、腹立たしいことでしょう!

実は、このような話は良くあることなのです。クレジットカードの会社に、自分が借りたお金ではない。といくら言っても、それは通じない話なのです。クレジットカードを他人に貸して、このようなトラブルになった人はたくさんいます。でも、責任はクレジットカード貸したあなたにあるのです。このようなことにならにように、クレジットカードは、いくら親しい人でも絶対に貸さないようにしましょう。


copyright © 2006 クレジットカード知ってお得なクレジットカードガイド All Rights Reseved