クレジットカード知っ得ガイド・HOME > クレジットカードの審査 >勤続年数での審査

勤続年数での審査

勤続年数は、クレジットカードの審査において信用度を測るために参考にされます。つまり、勤続年数が長ければ長いほど、審査において有利になるわけです。

どれくらいの勤続年数があればいいかというと、大体のクレジットカードの会社で勤続年数1年以上ということを条件にしています。それより勤続年数が短い人は、収入が高くても審査に通らない場合があります。

クレジットカードの審査の対象である勤続年数は、クレジットカードの申込書に必ず記入するようになっていますが、結構いい加減に記入する人が多いようです。クレジットカードの会社では、過去のクレジット履歴などを検索したり、個人信用情報で勤続年数を調べますが、万が一うその勤続年数が記入してある場合は、信用が失われ、それだけで審査に通らなくなります。

特に銀行系など、審査が厳しいクレジットカードの会社では、実際に会社に電話して確認をとることもあるそうです。うその勤続年数を書いても、有利になるどころか、必ずうそがバレて審査に通らないという結果に終わります。

うその情報は書かないようにしましょう。勤続年数が短くて審査に通るか心配な人は、勤続年数が短くてもクレジットカードを発行するところがありますので、そのようなクレジットカードを利用しましょう。


copyright © 2006 クレジットカード知ってお得なクレジットカードガイド All Rights Reseved