クレジットカード知っ得ガイド・HOME > クレジットカードの審査 >職業と勤務先の規模

職業と勤務先の規模

クレジットカードの審査で重要になってくるのが、申込み者がどのような職業でどのような会社に勤めているかということです。職業に関しては医師や弁護士、税理士など信用が厚い職業や公務員、銀行員が高い評価を得ています。

逆に低い評価をされる職業は主婦や学生。主婦も学生も自分で働いているわけではないので低い評価でも仕方がないでしょう。主婦や学生が申し込み車の場合は、その配偶者や親権者が審査対象になる場合もあります。

また、申し込み者の勤務先も審査のうえで重要ですが、上場企業、外資系大手企業が高い評価を受けるのは言うまでもありません。また、非上場企業でも優良企業なら高い評価をもらうことができます。

クレジットカードの申し込み者の勤務先は、有名な企業であるとは限りません。無名の中小企業の方が多いのが実情です。そのような中小企業である勤務先の規模を知るために、クレジットカードの申込書には、資本金や社員数を記入するようになっているわけです。

クレジットカードの会社では申込み者が記入した勤務先の情報を元に審査が行います。その際、記入されている企業が実在する会社なのか電話長や帝国データーバンクなどの情報が利用されるようです。


copyright © 2006 クレジットカード知ってお得なクレジットカードガイド All Rights Reseved