クレジットカード知っ得ガイド・HOME > クレジットカードの支払方法 >リボルビング払い

リボルビング払い

リボルビング払いは、最近多くなってきているクレジットカードの支払い方法です。

リボルディング払いとは、クレジットカードを利用した金額や件数に関係なく、毎月の支払い額を一定にするものです。クレジットカードのリボルビング払いには、元利定額リボルビング払い、元金定額リボルビング払い、定率リボルビング払い、残高スライド式リボルビング払いがあります。

元利定額リボルビング払いは、元金と金利の合計を定額にする方法です。利用者は一定の金額(元金+金利)のみを返済します。

元金定額リボルビング払いは、元金の返済額を一定にする方法で金利が別途加算されます。定率リボルビング払いは、元金に対して一定の割合を乗じて返済額を決める方法で、毎月の支払い額は利用残高によって変わってきます。

残高スライド式リボルビング払いは、利用残高の金額によって、支払い額が代わる方法で、10万円、30万円、50万円と利用残高が増える度に返済額が1万円、2万円、3万円と変化します。

リボルビング払いは、毎月の返済額が一定なので、使いすぎでも、慌てることがありません。しかし、安心して使いすぎてしまう傾向があります。気づいたら、もう利用限度額ギリギリだったってことになりかねません。使いすぎには十分に気をつけましょう。


copyright © 2006 クレジットカード知ってお得なクレジットカードガイド All Rights Reseved