クレジットカード知っ得ガイド・HOME > クレジットカード使用上の注意 >スキミングについて

スキミングについて

スキミングは、近年問題になっているカード犯罪の手口のひとつです。スキミングは、スキマーと呼ばれる特殊装置でクレジットカードなどの番号、有効期限など重要な情報を読み取り、それを全く別の新しいカードに書き込み、元のクレジットカードと全く同じカードを作りだします。

その偽造したクレジットカードを使ってキャッシングやショッピングに利用し、限度額に達するまで使われてしまいます。クレジットカードの持ち主は、クレジットカードが盗まれたわけではなく、情報が盗まれただけなので、自分のクレジットカードが偽造されて使われているのにも気づかず、多額の請求書が来て初めて気づくというケースが多く、犯罪の発見が遅れることが、スキミングによる犯罪を多発させているという見方もあります。

最近は、スキミング防止対策としてICクレジットカードが使われたり、暗証番号に生年月日や電話番号を使用せず、いつでも変更できるようにするなどの対策が取られています。スキマーはどこに仕掛けられているかわかりません。なるべくICクレジットカードを使用するようにし、人の出入りがあまりないようなお店ではクレジットカードを使用しないようにしましょう。そして、暗証番号はこまめに変更するようにしましょう。


copyright © 2006 クレジットカード知ってお得なクレジットカードガイド All Rights Reseved