クレジットカード知っ得ガイド・HOME > クレジットカード使用上の注意 >フィッシング詐欺について

フィッシング詐欺について

フィッシング詐欺とは、実在するクレジット会社や銀行または企業や組織の名前を語ってメールを送り、ユーザーを本物そっくりに作った偽もサイトに誘導し、クレジットカードの番号、有効期限などの個人情報を入力させて盗んでしまうオンライン詐欺です。

アメリカでは、このフィッシングメールが多発していて、大きな問題になっていますが、最近は日本でもヤフージャパンを名乗るフィッシング詐欺が多く発生しています。他にもクレジットカード会社を名乗るフィッシング詐欺や、銀行名を語るフィッシング詐欺などが多数確認されており、被害者にあった人も少なくありません。

このフィッシング詐欺は、本物そっくりのロゴマークやサイトを作成しているのが特徴で、中には本物のURLが記載されていて、クリックすると別のURLにリンクするように作成してあるものもあり、本物か偽物か区別がしにくいため、ユーザーも騙されて個人情報を入力してしまいます。

フィッシング詐欺に合わないようにするには、個人情報を聞き出そうとするメールが届いたら、必ず本物のクレジットカード会社や銀行などに電話をして確認すること。クレジットカード会社や銀行ではメールで個人情報について問い合わせることはしないので、メールにURLが記載されていてもクリックするのは止めましょう。また、うっかり入力してしまったら、すぐに本物のクレジットカード会社や銀行に連絡し、クレジットカードの場合は、解約するなどの処置をとりましょう。


copyright © 2006 クレジットカード知ってお得なクレジットカードガイド All Rights Reseved