クレジットカード知っ得ガイド・HOME > 金融の法律 >グレーゾーン金利

グレーゾーン金利

グレーゾーンとは、「利息制限法」と「出資法」の金利上限の差のことをいいます。キャッシングを今しているという人も、これからキャッシングをする予定でいるという人も、このグレーゾーンというのは必要となってくる知識となりますので、ぜひ覚えておきましょう。

また、「利息制限法」やら「出資法」やらを理解しておくことで、後々、有利になることが多くなってきます。

なぜ金融についての法律が2つも存在し、しかも違う金利上限で規制しているのかという疑問を持った人もいることでしょうが、それは、この2つの法律は取り締まる「主旨」が違うためだからと言えます。

「利息制限法」は18%を超えると越えた部分の契約は無効という「民事」の取り締まりを行っていますが、「出資法」は29,2%を超えると「犯罪」という形に変わり、5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金という、「刑事上」の取り締まりを行っているものとなるのです。簡単に説明すると、利息制限法を守らなくても出資法を守っていれば罰則を受けることはない・・・ということで、これをいいことに、貸金業者は利息制限法を守らず、出資法ギリギリの金利を貸し付けてくるのがほとんどとなっています。

そのため、「グレーゾーン金利」が発生し、今社会問題となっているのでした。ただ、利息制限法上では18%以上の契約が無効であることは法律上認められていることになりますので、出資法ぎギリギリで貸付をされている場合は、利息制限法の上限利率で、引き直し計算をすることができるので、債務の総額を減額させることが可能となります。


copyright © 2006 クレジットカード知ってお得なクレジットカードガイド All Rights Reseved