クレジットカード知っ得ガイド・HOME > 金融の法律 >過払い金請求

過払い金請求

過払い請求とは、「払い過ぎていた分のお金を債権者から債務者に返してもらうための請求」です。

クレジットカードなどでキャッシングした人たちは、6~29%の金利が取られていることでしょう。このような金利は、「出資法」や「利息制限法」という金融に関した法律を基にして、上限の金利の額が決められており、出資法の上限の金利は29、2%で、利息制限法では10万円以上100万円未満借りた場合で18%と定められています。

出資法と利息制限法のところで詳しく説明しましたが、出資法は違反をすると罰則が課されることになっていましたが、利息制限法では罰則はありません。そのため、貸金業者は出資法のみを守った金利の貸付をしてきます。

そこで活躍してくるのが「過払い金請求」です。利息制限法を守っていない貸金業者というのは非常に多いと話しましたが、それらの会社に対して、金利の差額を請求できるというわけなのです。「じゃ、さっそく・・・」と思った人は、ちょっと待ってください。過払い請求を誰もができるわけではないので、以下のことを覚えておきましょう。

【過払い金請求の条件】
①使用しているクレジットが利息制限法の金利を越えていること。
②初めて過払い請求をする。
③3年以上の返済履歴があること
・・・などの条件があります。

返済している期間が短い場合は、利息制限法を超えた金利で貸付を行われていたとしても、まだ過払いになっていない可能性があるため、過払い請求をしても意味がないことがありますので、過払い金請求を考えている人は、一度弁護士に相談することをおすすめします。


copyright © 2006 クレジットカード知ってお得なクレジットカードガイド All Rights Reseved