クレジットカード知っ得ガイド・HOME > 金利の計算 >アドオン方式と実質年率方式

アドオン方式と実質年率方式

アドオン方式とは、元金均等返済が主流だったころにアメリカから導入されたもので、単純な計算で返済額を計算できる、金利計算方法の1つとなります。

アドオン方式の計算式は、元金に対して利率をかけて利息を算出し、その後、元金と利息の合計を支払いの回数で割り、月々の返済額を割り出す方法となります。

例:アドオン年率18%で、借入金10万円、返済回数12回の場合

10万円×18%=18,000円の利息
総合計で118,000円を返済するので返済回数12回で割ります。
1回あたり、118000円÷12≒9833円となります。

この方式は利息を当初の元本10万円を基準に算出しており、実際には月々の返済により元金が減っているのに、それを無視しているという問題点があります。それは、実質年率に直すと18%より高くなってしまうということです。


copyright © 2006 クレジットカード知ってお得なクレジットカードガイド All Rights Reseved