クレジットカード知っ得ガイド・HOME > 金利の計算 >元利均等返済

元利均等返済

元利均等返済は、毎回の返済額(元金+利息の合計)が同じ金額になる方法です。

返済計画が立てやすく、当初の返済額を少なくすることができるのですが、返済当初は利息の返済にあてられる割合が大きく、元金が減るペースが遅いのが難点なのと、総支払額も元金均等返済に比べると多いのがデメリットとしてあげられるでしょう。

初回時
【支払利息】=【借入金額(元金)】×【実質年率(%)】÷【365日】×【30日】
【元金充当分】=【月額支払額(金利含)】-【当月利息分(利息充当分)】
【借入残高】=【借入金額(元金)】+【当月利息分】-【毎月返済額(金利含)】
 
2回目以降
【支払利息】=【借入残高】×【実質年率(%)】÷【365日】×【30日】
【元金充当分】=【月額支払額(金利含)】-【当月利息分(利息充当分)】
【借入残高】=【当月借入金額】+【当月利息分】-【毎月返済額(金利含)】


例:120万円を年利18%、3年(36回)で返済
· 毎月返済額:1,200,000円÷36=33,333円
· 利息計算: 1,200,000円×18%÷365日×30日=17,753円
· 元金充当分:33,333-17,753=15,580円
· 借入残高総額:1,200,000+17,753-33,333=1,184,420円

· 2回目利息計算:1,184,420×18%÷365日×30日=17,522円
· 2回目元金充当分:33,333-17,522=15,811円

借入残高総額:1,184,420+17,522-33,333=1,168,609円


copyright © 2006 クレジットカード知ってお得なクレジットカードガイド All Rights Reseved